醸造

【マイクラ(JE)】耐火のスプラッシュポーションの入手方法と2つの使い道を解説(あかまつんのマインクラフト)

【マイクラ(JE)】耐火のスプラッシュポーションの入手方法と2つの使い道を解説(あかまつんのマインクラフト)

更新日:2022年09月23日

みなさま

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

あかまつんです。

今回は「マインクラフト(Java Edition 1.19.2)」の「耐火のスプラッシュポーション」の入手方法と使い道と効果について解説していきます。

「耐火のスプラッシュポーションの入手方法、使い道、効果がわからない」

という方は是非ご覧ください。

耐火のスプラッシュポーションの入手方法

耐火のスプラッシュポーションの入手方法は2通りの入手方法があります。

それは、耐火のポーションから醸造するか、奇妙なスプラッシュポーションから醸造する2通りの入手方法があります。

それでは、どのような入手方法があるのか見ていきましょう。

【入手方法】
・耐火のポーションから醸造して入手する
・奇妙なスプラッシュポーションから醸造して入手する

耐火のポーションから醸造して入手する

耐火のポーションから醸造して入手する

耐火のポーションを使って耐火のスプラッシュポーションを入手するためには、ブレイズパウダーが1つ、火薬が1つ、耐火のポーションが1~3つ必要になります。

これらを醸造台を使って醸造することで、耐火のスプラッシュポーションを1~3つ入手する事ができます。

奇妙なスプラッシュポーションから醸造して入手する

奇妙なスプラッシュポーションから醸造して入手する

奇妙なスプラッシュポーションを使って耐火のスプラッシュポーションを入手するためには、ブレイズパウダーが1つ、マグマクリームが1つ、奇妙なスプラッシュポーションが1~3つ必要になります。

これらを醸造台を使って醸造することで、耐火のスプラッシュポーションを1~3つ入手する事ができます。

耐火のスプラッシュポーションの使い道と効果

耐火のスプラッシュポーションは2つの使い道があります。

主な使い道としては、耐火のスプラッシュポーションを投げて、一定範囲のプレイヤーに火炎耐性の効果を付与するために使います。

火炎耐性の効果は、プレイヤーがマグマなどに触れた際に受ける火炎ダメージを軽減させる効果があります。マグマに落ちた際に耐えれるようになるので、マグマや火属性の攻撃が多いネザーなどでおすすめです。

その他の使い道としては他のポーションにクラフトしたり、ポーションの効果時間を強化して使います。

それでは、どのような使い道があるのか見ていきましょう。

【使い道】
・耐火の残留ポーションに醸造する
・耐火のスプラッシュポーションの効果時間を強化する

耐火の残留ポーションに醸造する

耐火の残留ポーションに醸造する

耐火の残留ポーションを作るためには、ブレイズパウダーが1つ、ドラゴンブレスが1つ、耐火のスプラッシュポーションが1~3つ必要になります。

これらを醸造台を使って醸造することで、耐火の残留ポーションを1~3つ作る事ができます。

耐火のスプラッシュポーションの効果時間を強化する

耐火のスプラッシュポーションの効果時間を強化する

耐火のスプラッシュポーションの効果時間を強化するためには、ブレイズパウダーが1つ、レッドストーンダストが1つ、耐火のスプラッシュポーションが1~3つ必要になります。

これらを醸造台を使って醸造することで、耐火のスプラッシュポーションの効果時間を強化することができます。

通常は耐火のスプラッシュポーションの効果時間は3分ですが、レッドストーンダストを使うことで、効果時間を8分まで延長することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

耐火のスプラッシュポーションは、プレイヤーに火炎耐性の効果の付与に使ったり、他のポーションに醸造する材料として使います。

それでは以上で耐火のスプラッシュポーションの解説を終わります。

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

バイバーイ(^_^)/~

関連記事