【マイクラ(JE)】粗い土の入手方法と使い道を解説(あかまつんのマインクラフト)

【マイクラ(JE)】粗い土の入手方法と使い道を解説(あかまつんのマインクラフト) 建築ブロック

更新日:2021/07/15

みなさま

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

あかまつんです。

今日は「マインクラフト(Java Edition 1.17.1)」の「粗い土」の入手方法と使い道について解説していきます。

「粗い土の入手方法、使い道がわからない」

という方は是非ご覧ください。

粗い土の入手方法

粗い土の入手方法

粗い土を入手するためには土が2つと砂利が2つ必要になります。

これらを作業台などを使ってクラフトすることで粗い土を4つ入手する事ができます。

粗い土の使い道

粗い土の使い道

「粗い土」の使い道は建築として使います。

「粗い土」は「土」と違い、草ブロックを隣接して置いても伝播される事のないブロックです。

この性質を利用して、村の道や庭の道などを作る事に適しています。

草ブロックの横に置けて道を作れるのでよいですね♪

あと、土に戻したい場合はクワを使って耕す事で、土に戻す事ができます。

砂利は戻ってこないのは残念ですが、畑を増設するときなどわざわざ土と交換するのも面倒なので、併せて戻し方も覚えておくと村建築がスムーズに進むかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

使い道としては多いのは、道など建設の場面で使います。

草ブロックなどに伝播しない特徴の持ったブロックですので、

この性質を建築でうまく使うことで建築の幅が広がります。

それでは、以上で解説を終わります。

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

バイバーイ(^_^)/~