装飾ブロック

【マイクラ(JE)】マングローブの芽の入手方法と8つの使い道を解説(あかまつんのマインクラフト)

【マイクラ(JE)】マングローブの芽の入手方法と8つの使い道を解説(あかまつんのマインクラフト)

更新日:2022年07月10日

みなさま

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

あかまつんです。

今回は「マインクラフト(Java Edition 1.19)」の「マングローブの芽」の入手方法と使い道について解説していきます。

「マングローブの芽の入手方法、使い道がわからない」

という方は是非ご覧ください。

マングローブの芽の入手方法

マングローブの芽の入手方法

マングローブの芽を入手するためには、マングローブの沼地のバイオームに自動生成されるマングローブの芽を探す必要があります。

マングローブの芽は成長段階があり、成長しきったマングローブの芽を素手などを使って採取することで入手する事ができます。

マングローブの苗木の使い道

マングローブの芽は8つの使い道があります。

マングローブの芽はマングローブの芽を育てることで、マングローブの原木や葉や根、棒やツタ、苔カーペットを作ることができます。

マングローブの芽は草ブロックに1本植えて一定時間が経過させるか、骨粉を使うことで、マングローブの木を作ることができます。このマングローブの木を斧やハサミなどを使うことで、建築ブロックや装飾ブロックを入手することができます。また、マングローブの芽は植木鉢に植えることで部屋の装飾に使うこともできます。

それではどのような使い道があるのか見ていきましょう。

【使い道】
・マングローブの芽を作る
・マングローブの原木を作る
・マングローブの葉を作る
・マングローブの根を作る
・苔のカーペットを作る
・棒を作る
・ツタを作る
・植木鉢に植えて装飾として使う

マングローブの芽を作る

マングローブの芽を作る

マングローブの芽を草ブロックに植えて一定時間が経過するとマングローブの木を作る事ができます。

このマングローブの葉についている最大まで成長したマングローブの芽を回収することで、マングローブの芽を入手することができます。

マングローブの原木を作る

マングローブの原木を作る

マングローブの芽を草ブロックに植えて一定時間が経過するとマングローブの木を作る事ができます。

このマングローブの木の原木を斧などを使って伐採する事でマングローブの原木を入手する事ができます。

マングローブの葉を作る

マングローブの葉を作る

マングローブの芽を植えて一定時間が経過するとマングローブの木を作る事ができます。

このマングローブの葉にハサミを使って刈る事でマングローブの葉を入手する事ができます。

なお、シルクタッチのエンチャント付きの道具を使って刈る事でもマングローブの葉を入手する事ができます。

マングローブの根を作る

マングローブの根を作る

マングローブの芽を草ブロックに植えて一定時間が経過するとマングローブの木を作る事ができます。

このマングローブの木の根を斧などを使って伐採する事でマングローブの根を入手する事ができます。

苔カーペットを作る

苔カーペットを作る

マングローブの芽を草ブロックに植えて一定時間が経過するとマングローブの木を作る事ができます。

このマングローブの木の根についた苔カーペットを素手などを使って採取する事で苔カーペットを入手する事ができます。

ツタを作る

ツタを作る

マングローブの芽を草ブロックに植えて一定時間が経過するとマングローブの木を作る事ができます。

このマングローブの木に付いているツタをハサミを使って伐採する事でツタを入手する事ができます。

棒を作る

棒を作る

マングローブの芽を草ブロックに植えて一定時間が経過するとマングローブの木を作る事ができます。

このマングローブの木の原木を斧などを使ってすべて伐採する事でマングローブの葉が枯れて一定確率で棒をドロップさせる事ができます。棒はマングローブの原木をマングローブの板材にしてそれをさらにクラフトする事で作れるので、棒が大量に欲しい場合はマングローブの原木を集めるとよいでしょう。

植木鉢に植えて装飾として使う

植木鉢に植えて装飾として使う

マングローブの芽は植木鉢に植えて装飾として使う事ができます。

部屋の装飾など観賞用におすすめです

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マングローブの芽をご紹介させていただきました。

使い道としてはマングローブの芽を育てることで、マングローブの原木や葉や根、棒やツタ、苔カーペットを作ることができます。また、植木鉢に植えることで部屋の装飾としても使うことができます。

それでは、以上でマングローブの芽の解説を終わります。

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

バイバーイ(^_^)/~

関連記事